男性の家庭教師

※写真葉イメージです。

 

S・Aさん 東京大学 文科Ⅱ類

僕は東京都北区出身です。中高一貫校を卒業して東京大学に進学しました。

浪人も経験しているので、浪人生の指導もお任せください。

浪人生活は僕の中でけっこう苦しい1年間でした。自分でしっかり予定を立ててそのスケジュールにそって勉強するのは考えていた以上に難しかったですし、勉強のやる気を持ち続けるのにも訓練が必要でした。しかし、その経験があったので、いま自信を持って生徒さんを指導する事ができています。

生徒さんを指導する上で僕が気にかけていることですが、その一つは弱点克服をする事です。

まず、定理や根本が理解できるように時間をかけて説明します。もちろん反復練習も大事ですが、土台をしっかりと築いてあげないと単なる暗記作業になり、応用問題が出題されたときに解決しにくいからです。
逆に、暗記問題の克服の場合は定期的なチェックテストを行なっています。覚えたつもりになっていないか一緒に確認することで暗記量が徐々に増えていきます。 暗記量が増えていくと勉強はすごく楽しくなります。

次に気にかけているのは、生徒さんにやる気を出してもらうことです。

生徒さんによりますが、指導から次の指導までの間にやってもらう宿題を必ず出すようにしています。週に1、2回僕が分からない箇所を説明するだけでは実際のところそこまで成績がよくなりません。

指導から指導までの間の宿題をどれほどこなせるか、どれほど分かっているか見極めて、それをもとに今後どのように勉強していけばいいか、と考えるようにしています。生徒さん自身に、自分で勉強の予定を立てて毎日勉強することの重要性を分かっていただき、毎日の勉強量を明確にするだけでも勉強へのストレスは低減することが出来ます。

休憩時間に勉強以外の趣味や部活の話もしながら、生徒さんとより親しくなれるように しています。勉強以外の悩みなども相談に乗れればと思います。精一杯頑張りますのでよろしくお願いします。

 

 

 blogbanner