男性の家庭教師

※写真はイメージです。

 

S・Hさん

慶應義塾大学 4年 理工学部

僕は台東区の家庭教師です。早稲田出身で中学、高校を過ごし、慶應義塾大学に進学しました。受験時は国立大学志望だったので、幅広い生徒さんの指導に対応できます。

また、中学受験にあたり小学校の時は四谷大塚に通っていました。詰め込み過ぎない学習スタイルは自分に合っていたと思います。ですから、四谷大塚に通っておられる生徒さんの指導フォローも大丈夫です。

塾も行きながらがんばっているのに成績が伸びていかない原因として、今までの自分の経験から考えられるのは、塾のカリキュラムやスピードと生徒さんとが合っていないことです。もしくは、友達と競争することが嫌いで、塾が「勉強する場」ではなく「楽しむ場」になってしまっていることや、塾に通うことだけで安心してしまっている、といったことも原因になります。

各ご家庭の生徒さんによって多少変わってきますが、これらを克服する指導にあたる際に必ず確かめることは、学習内容の苦手克服の指導、理解スピードのサポート、他と比較しない指導、目的や目標の立て方、自立学習の指導、目標に対しての実力の確認という点です。

中学受験の対策をする為にまず最初に考えるのは、大手進学塾に通うことかもしれませんが、中学受験では小学校で習わない特殊な勉強が必要となりますので、合格するためのカリキュラムが必要になります。そのカリキュラムを子供に合わせて作成するのは、かなりの経験が必要となりますので、進学塾だけではなく、実際に中学受験を経験した家庭教師の指導にも大きなメリットがあると思います。

また、入試問題の出題傾向によって毎年毎年変わっていくカリキュラムやテキストといった教材は塾のノウハウの結晶であり、この情報力が大きな強みなわけですが、いくらよくできたカリキュラムや教材であるからといって全ての生徒さんにぴったり合うわけではありません。
四谷大塚は本当にいい進学塾だと思っていますが、ご家庭でのフォローは絶対大切になってきます。親御さんが忙しくてカバーしきれない部分を、家庭教師の指導でフォローしていくことができればいいなぁと思っています。よろしくお願いします。blogbanner