男性の家庭教師

※写真はイメージです

D・Tさん

慶應義塾大学 3年 環境情報学部

私は練馬区出身の家庭教師です。埼玉の中高一貫を卒業し慶應に進学しました。中学、高校と野球部に所属し部活動を頑張りながらも勉強も頑張りました。

私はもともと特別頭が良かったわけではありません。ですから、勉強というのは、成績を上げる、受験に合格するなどの目標に向けて絶対こなさなければいけない量というのがあると私は思っています。しかし、勉強を始めた最初のうちは量に圧倒されてしまい、どのようにこなしていいかがわかりませんでした。

当然わからないところがあると時間だけがかかってしまい、気持ちだけが焦ってしまうこともしょっちゅうでした。

そこで、どのように時間配分をすれば勉強をこなしていけるのかということを先輩に教えてもらい少しずつ試してみた結果、急にではありませんが、徐々に勉強が分かるし、こなせる量も増えていくようになりました。

勉強のやる気のスイッチというのはホントに小さなきっかけだったりします。一つのスイッチが入ったらそれでいいのではなく、自分の力を最大限に引き出す為に順番にいくつかのやる気スイッチをONにする必要があると感じています。

私の指導がこのスイッチを入れるきっかけになれたらいいなぁと思っています。特に勉強するとき一人ではダラダラしてしまうこともあるかもしれませんが、誰かがそばにいてみていてくれて、分からない部分を説明してもらえるだけでその後の学習が違ってくるものです。

責任を持って精一杯サポートしますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

 blogbanner