開成出身の家庭教師

※写真はイメージです。

T.Oさん

東京大学 理科Ⅱ類

自分の勉強スタイルを早く確立すること、これが勉強が得意になる方法だと思います。ただ、いくら自分の勉強のスタイルを確立するといっても、効率の悪い方法に固執したり、時間ばかりかけてしまうような勉強方法では勉強が得意になる事はないと思います。

私は、開成出身です。高校から開成に行くのは難しいと思ったのでもちろん中学受験からです。中学受験はとっても苦しかったので受かった時にはとても嬉しく、少し勉強から解放された気分になってしまいました。

しかし、実は開成中学に入学してから勉強についていくのが大変でした。

開成では普段の勉強に加え、イベントの準備は生徒主体で進めていくので、それらの仕事もこなしていかなければなりません。

そんな中で自分で勉強の予定をしっかりと立て、その予定をこなして行く習慣を身につける方法を教わりました。やらされる勉強ではなく、自分で勉強する習慣を身につける事ができたので、良い計画のもと東大に進学することもできました。開成を卒業出来たからこそ、なぜ開成が東大への進学率が高いかも分かった気がします。

自分が苦労した勉強だからこそ、今から受験を目指して頑張る生徒さんには、私の経験からいいものだけを吸収してもらって勉強に役立ててもらえたらいいなと思っています。指導中の少しの時間を使って中学受験のノウハウや、開成就学中の6年間の過ごし方や、もちろん大学受験についても伝えられる事はたくさんあると思います。

しかし、家庭教師として大切なのは生徒さんが現在どのように勉強し、どの分野が弱いのか見極めることだと思います。基礎の復習も含めてしっかりと指導し、成績が上がるように指導していきます。

よろしくお願いします。blogbanner